お気に入りの静寂が死に続けている

今週はリモートワークで私は1週間家から出ていない。
と、言うと「少しくらい散歩にでたら」「少しでも出たら気分が良くなるから」などと言われる。
私はそもそも気分は良い。

音楽は意外と聴いていない。音楽だとなんだか集中できなくて人が話してる方が落ち着くことを発見したのでCDのドラマパートとか適当なVtuberの配信を音だけで聴くとかする。
事実よりもいくらかマシなSF小説などを読みながら風呂に入る。
眠る前にGoogleカレンダーに日記を付ける。
まぶたの裏を見る前に他人の日記を読む。

枕もとに「つげ義春日記」を置いていたせいで、「つげ義春記念公園」という奇妙な場所へ出かける夢を見た。
我々はバスに乗っている。やたらと広いバスだ。遠足なのだろう
目的地に着いたらしい
窓の外には小さな模型の家が積まれている。
それの一つ一つがカラフルな、ソットサスのような、荒川修作のようなものだ。
着いたところは「つげ義春記念公園」だった。
開放的な空間に、背の低い漫画の棚がずらりと並べられている
その周りに様々な人形が置いてある。
暗くも明るくもないその広場で我々は集って写真を撮る。



小学生のときはどうしてあんなに時間があったのだろう。
退屈をどうにか埋めたくて、何もかもをしていた気がする。
できることを「何もかも」していた。鏡を使って先生の後頭部に光を集めたりとか。
新聞を作ったりだとか。机の上で架空の地図を作って、その通りに歩きに行ったりだとか。
雨粒を数えたりだとか。
今はそんなふうに「退屈」をつぶさなくても良いことになっているらしい。
退屈なことには何も変わらないのにね。
「退屈」も「何かおもしろいことないかな」も、一生終わらないんだろうか。


アニメ見終わっちゃったな
ふくだたもつは良かった
逆に言うとふくだ君以外すきなキャラいなかったな
でもおもしろかった。
私はあまりアニメや本を、キャラクターで観ていないので
「すきなキャラは?」とか「推しは?」みたいな会話がとても苦手だ。
決めなくてはいけないのだろうかといつも思う。
こいつすきーこいつもすきーって、いっぱい居る
もっというと別にキャラがすきなわけではなくて、そいつに付随する物語を見ているにすぎない。
「推しは?」「推しディビジョンは?」などときかれても、いやそれは決めないといけないのか?といつも思う。

私はやっぱりアニメとか映画とか観るの苦手なのかもしれない
いつもいつも最後まで飽きずにみることができない。
「何か良いことが起こる」とか「解決」とかが苦手なのかもしれない。
混沌の間の時間が、一番良い。


1週間家にいるのに、ひとつもマンガを読めなかった。
本もちっとも進まなかった。
今日が金曜日だとさっき気付いた。
我々は、自分のすきなものを自分のやり方でどうにか守っていかなければならない。

都市に降る雪なんて汚れて当たり前

週末だ。
id:INVADEDをちゃんと観たら面白くて、最新話まで一気に観た。
ただ、ステッキ野郎が思ったよりもショボショボでがっかりなので、最後までにはなんとかしてほしい。
つだけんの喋り方もおもしろい。
べらべらしゃべるタイプのキチガイがすきなのでふくだくんがすき。いつも何かが足りなくて何かが足りすぎている人はすき。
チェスタトンの「木曜の男」を思い出してまた読みたくなってきたので出してこよう。

22/7は今週のは作画があれだったのでまあ仕方ないねとなった。来週はニコル回なのでと〜っても楽しみだなあ。


へとへとで今月はマンガも本も読めそうにない。
先月読んでおいて良かった。
「こんなとき」に仕事がたくさんあることはありがたいことだ。
人間は生きているだけで死なんていつだって隣り合わせだというのにいま世界ではなんだかみんながすべての事柄におびえている。
どうやら世界では未知のウイルスか流行っており、それによって世間が右往左往していて、わたしはそれが大変愉快で大変不愉快で、また大変どうでも良く思う。
人間のばかばかしさがよく出ていておもしろいとも思う。

今日は
頭が痛くて寝ころんでいた。
寝ころびながら、知らない映画を観ていた
平和な人間の平和な話だった。
映画の中で女がずっとスマートフォンSNSをしていた。電車でも美容室でも恋人といても。このように改めて映画で見せられると異常な光景のように見えるが、実はそんなことはなくて、電車に乗れば大体の人は端末に向かっているし、大抵の人間は皆訳のわからないヒステリックを起こし、そして理解のできないタイミングでセルフィーをするのだ。これが普通のことだ。
映画の中ではずっと、一生したくない会話を一生していて、くだらない人間のくだらなさが淡々と描かれていた。綺麗な映画だと思った。
平和だ。
今日も人間は平等に愚かだった。
しかしながら、人間はきっと、愚かであるべきなのだ。


youtu.be

不思議なものが生きている

マンスリーヒカシュー3月編『不思議なmarch』

03月06日@吉祥寺スターパインズカフェ

仕事で絶対行けないと諦めてたのに直前で今日いいよと言われたので行けた!

なんかとっても楽しげだった!
本当に来てくれてありがとう、と言ってた。
先月よりもなぜか生き生きしてた。
授賞式の前ということもあったのかもしれない。

映画館でひとり飛ばして座らないといけないってやつ
巻上さんの住んでるとこではいつだって一つ飛ばし
なんならITは一人で見た
巻上さんは映画なんでも観るもんね、と言われてた。

清水さん「たましいぜーんぶ売り渡しましたよ、これ(ピアノ)はね、条件反射でやってる」
かっこいい〜!

新曲は「チンピーシーとランデブー」
チン・ピー・シー。
電子レンジはチンと呼ばれてる
言っちゃいけない言葉はピー
秘密の言葉はシー
みたいなやつだったので最高のやつだった
まだ完成してないと言っていて良かった
他の曲もだけど、少しづつできていくのを観ることができておもしろい。
やっぱさよならするなら豪快にがいちばんすき。
一回聴いただけで覚えたのでもう覚えた

シャカ、めちゃめちゃかっこいかった
明日は授賞式だからなんの曲やろうかな?カレー三昧やっちゃおっかとか言ってて良かった
「コロナのせいであしたの授賞式は無観客ライヴなんですよ。流行最先端だ!我々も流行がおえるぞ!無観客ライヴを体験できるぞ!」



筆を振れ、彼方くん
わが国
了解です
ララwhat
さよならするなら豪快に
シャカ
人間の顔
不思議なマーチ
チンピーシーとランデブー
カレー三昧
もしもしが
ハイアイアイ島
デジタルなフランケン
夕方のイエス、朝方のノー
びろびろ

街かどは今日もアツレキまくっている

余裕がなくて疲れている
来月はもっと忙しいらしくて、もっと余裕がないのかもしれない。
いや来月っていうかもう今日だった。。

今日はブログを書いた。いっぱい書いた。感想も書いた。でも全部中身は無い。
こないだは胃が痛すぎてライヴ行かなかった。
1桁だったからもったいなくて、とりあえずあげた。


以前、おもしろくなかった映画について言及しようとしたら「面白くない話わざわざしなくてよくない」と言って来たやつがいてそいつがTwitterでミッドサマーのつまらなさについて、結構割と多く言及していたのでそれを見てめちゃくちゃむかついた。
次の日急にそのことを思い出してなんで私はそんなどうでも良いことでキレてたのかなって思ってなんか怖くなった。
すべてがどうでも良すぎる。
なんというか、そんなん観なくてもおもしろくないのわかるだろという気持ちはある。
ただ、わたしはそういうの分かってて観るのはすきだけど。
自分がすきじゃないものとか「分からない」ものについて考えることは多い。
なんで?と思うことはなんで?と思うままにしたくないなと思うからだ。
だから私は、「つまらない映画の話」を否定されたときにめちゃくちゃむかついたんだった。
ソレを考えたり人と話すことが、大事なことだと思ったし、そういう話が共にできる人だと思ったからだ。
それで「私」が否定されたのにこんどは自分で自分の言動を否定するような行為が行われていたので、それはもうむかついたのだった。
そういう思考回路だった。
でもまあなんかそんなどうでも良いことでキレるのは、よく考えたら怖いよねって話。
私はそういう「よく分からないこと」で急にキレるっぽい。自分の中には正当性があるけど。
でも、怒ってもその場で言わないことが多くて、後になってすべてが積み重なってからばーっってなるから
だから、他人からしたら「よく分からない」ところで「急に」キレているという感じらしい。
でも、よく分からないと思われるのが嫌だから(自分がよく分からない理由で人に怒られるのは嫌いだから)、何についてどう怒っていてという道筋を順序立てて説明してしまう。
そうすると、静かに長文で論じてくる怖い人になるらしい。
こわい。
あんまり怒る事ってないけど、私に怒られている人のこと想像したらすごくこわいから、なるべく怒りたくないな。


「サブスク」に慣れない。今後慣れていくのかもしれないけど。
別に「サブスク」が悪いと思ってない。良いと思うすごく。ただ自分に合わない。
そして、サブスクにないものはこの世には無いみたいな世の中になっていくのが怖い。
そういう意識はなくてもそうなっていくし、最初からないものはやっぱりその人の中に「無い」ものになっていく。これはどうにもならないことだ。
「全身タイツみたいなおしゃれなFASHIONが流行ってもね絶対にね着ないといってくれよ」と昔よりも色濃く思うことが多くてこわい。本当に怖い。松岡充は全国の「私」のために何年も前から色あせないことを歌っていてこわい。「本当は僕はエスパーなのさ」とはそういうことなのかもしれない。おっかない。そして私はいつまでも同じ曲を聴き続けている。「くり返せっ!」って何度も何度も。
トシヨリなのかもしれない。


スケボーキングが復活するということでめちゃめちゃめちゃめちゃうれしい。
いつまでたっても私が一番すきなラッパーはSHIGEOだ。
そんなわけで最近はKILLING FIELDばかり聴いている。
これ以前はもっとラップに寄っていて、これ以降はもっとエレクトロに寄っている。
一番「バンド」としてバランスが良い。そう、スケボーキングは「バンド」なのだ。

ところでさっきナンバーガールが無観客ライヴを配信していて、なんとなくちょっと観たら面白くて最後まで観た。
当時なんとなく聴いていたくらいでナンバーガールに思い入れはないんだけど
なんというか素直にかっこ良い。純粋な音楽の格好良さがあってスカッとする。
昔はなんか「ネチョッ」としていてあんまし好みじゃなかったのだけど、もっとカラッとした印象だ。なんだろうこの違い。自分の感覚が変わっただけだけど。
当時なんとなくでしか聴いてなかったけど聴くとなんとなくでも思い出すのでなんかおもしろい。
無観客ライヴって
無観客ライヴってさあ、何が良いことあるんかいと思っていた
客の居ないライヴって客のいないライヴじゃんって思うけど
そうじゃなくてもかっこいいなら客いたらもっとかっこいいんだろうな~すごい。
でも客がいてなんぼのバンドはある。
うん。