四月にはみなごろし

毎日大変寒い。
もう暖かければなんでも良いというような格好を毎日している。
それでも寒い寒いと言う。

今は、エリアに行くことだけをたのしみにしているが
いかんせん心の調子が悪すぎてどうにもハコまでたどり着けるだろうかという具合だ
残りのチケットも全部そんな具合で行けるのかという気持ちなのでそういう意味でいうと命がけだな。
なんというか、誰のせいでもなくなんのせいでもなく行きたい気持ちもあって行ける状態にあっても、ただ「気分」によって予定を崩してしまうようなことってあるが、そういうのを理解できない人も世の中にはたくさんいる、し、「気分」ごときで、などと思う人も中にはいる。
私はいいんだけどさ君たちの周りにそういった気分屋さんがいたときに君だけはどうにかそいつを攻めないでやってくれよ。

早川が電子書籍を半額セールしているのでいくつか購入した。
よほどすきな作家でなかったり装丁が欲しいと思わなければ、紙の本を買う必要ってないのかもしれないなと最近は感じている。ただ私は本の質感や装丁がすきだし、文字は紙で読む方が断然すきだけれど、現実的に考えてみて電子書籍に馴染むべきだろう、と思うので最近はそのように、考えてみようとしています。
向いてなかったら戻すだろうがメリットの方が大きいように思うのです。

おじいちゃんはちいさいときからすごく私のことをかわいがってくれて
私が子供の頃心筋梗塞で倒れた時もそれから何十年もずっとピンピンしていたしいつ会っても色々なことに怒っていたり笑っていたりしていた。
おばあちゃんが死んだとき「これから1人になってしまった」、というようなことを言っていて
私はそのとき「私たちがいる」と言った
そのとき私には、「1人になってしまった」と思うおじいちゃんの気持ちが分からなかった。
私は生まれてから死ぬまで、私という人間はひとりでしかないと思うからだ。
それからおじいちゃんは随分ぼんやりしてしまってあんまり具合は良くなかったみたい。
みたいというのはよく知らないし最近はほとんどもう会いに行っていなかったからだ。
けれども私は、おじいちゃんでも死ぬことなんてあるのか、という気持ちで今いっぱいだ。実感として湧いてこない。
お正月にも会えるような気がしていた。
おじいちゃんは、「春には人が死ぬんだよ」と言っていた。
今は冬だし、
今年の冬はなんだかすごく寒いと思うから
今日もタイツと分厚いくつ下を両方履いて、もう暖かければなんでも良いというような格好をする。それでも足が寒かった。

私は今日もヤンヤンつけボーを食べたり
家で焼肉を食べたり
友人の返信を待ったり
エロいマンガを読んだり
こうしてブログを書いたりした。
明日は何もしない時間を過ごしてから、友人たちとご飯を食べに行くやつをやる。
今日も生きてしまった。

やがて執着し身を滅ぼす迄

冬はよくスカートがよじれる
歩くとコートの中でスカートの布があっちこっちにいってめくれあがって具合が悪い。
みんなどうしてるんだろう、私だけじゃないと思うの。
週末は何かをしていないと不安で仕方なくなるから
今日は髪を切りに出かけた
本をひとつ読み終えたが、
たまっていく本がまた増えた。
少しづつ、片っ端から3ページくらいづつ読んで放置している。
本を読んだり閉じたりした。
昨日はまたチケットを無駄にしてしまった。
去年よりは幾分マシな気分かと思う
もう覚悟や命をかけてライヴに行くようなことは無いのだろうと思う。
新しいバンドのベースの人のセンスが無さ過ぎて大変困惑する
しかしあの3人が一緒にバンドをしたいと思えた人物なのだから、と言い聞かせる。
広瀬大志の詩集を読もうと思って出しておいたのだけど1週間たってしまった。
いまはもっとやさしいものが読みたい。
また服が黒いねと言われる
気付いたらクローゼットが黒くなっていく
しかし最近は少し限界を感じる
自分が着たい服の限界
うまくいえないけれど定期的にそれは訪れる
お金があったらもっと自由だ。
人間は、8割が見た目で出来ている
だから服というのは重要だと考える
中身の無い人間こそ着飾る
私はそれがすきだ。
からっぽな人間の愚かさがすきなのだ。

つかれたなあ
はやく死にたいなあ
そういったことを毎日頭の中でつぶやいて
本当におもしろくない人間だとまた気分を落とす
わからないのならそれで構わない

死の匂いだけが頼り

今日は
朝起きてツイッターすこしみた
別々の人が同じ映画の話をしていて
少し楽しそうだったので
調べたらまだ席があったので布団の中でそのまま予約して昼過ぎみにいった
今日も、ずっと家にいる予定だったけどお出かけするやつにした
絵は少しだけ進んだ
今日も私には何も無かった。

ヘレディタリー/継承

f:id:yumemizanzo:20181202182107j:plain

思いがけない展開なのは良かったけど
みたかったのはこういうのじゃなくて
私の好みとはちがかったというのが全てなんだけど
死ぬとことかはすきで
あと全体的に頭おかしい人出てくるのはすき
でも普通だったごめん
途中で何度も飽きちゃった
絵作りはきれいですきだった
おうちの構造が変だった
最後とかはまあ楽しかった
監督の体験が元になってるという逸話含めてすぐれたホラー映画だなあという感じ
みんなすきそうだなあ

やっぱり私は映画みるのむいてないのかもしれない

ちなみにこれの鳩を切るところに惹かれてみにいったけど、うん
www.youtube.com

ゆうべの夢は金色

今日は雨だった
それは嘘だが
きっとそのように書いてみると、未来にこのブログを読んだときに、そうかこの日は雨だったかなと思うだろう
ごめんね、嘘なの。

朝起きて、おにぎりを食べた
そして、絵を描きたくなったので描いた。
描いたが、ペン入れをしようと思って、インクの瓶をのぞくと、固まっていたので
やむを得ず外へ出かけた。
せっかくなので資生堂のマットリップを使った。
自分によく似合う色だと思うが、あまり使ってないな。
新宿へいくのはすきで、新宿がすきというと、意外だとよく言われる。
新宿の混沌としてるのにまとまりがある感じがすきだ。
渋谷みたいな街はすきではないが、新宿みたいな街はすきだ。
新宿の東急ハンズで製図用インクと丸ペン先と厚口A4用紙を購入した。
丸ペンは最高なので最高だが
久しぶりに描いたらとても疲れた
しかし何も考えなくて良いから良かった
明日また続きを描こうと思う。
あとは読みかけの本を読んだ。
本当は、今日は詩を読んだりして過ごす予定があったのだが、そんな風になった。

そんなふうにすぐ今日は時が過ぎた
胃が無駄にいたくなったり
死にたくなって布団の中で消えそうになったりしなくても済んだ。
明日のことを考えるとまたゆううつな気持ちになるが
それは考えなくても良いことだ。
明日はただ、今日の続きを描けば良いのだ。