血にまみれた 愛だけがそこにある

しんどいよな
すぐしんどくなるんだよな
何がってわけじゃないよ
そういうもんなの。つらくなっちゃうの。
君はいらないですよーってすぐなっちゃうんだよね。
でも知ってるので、
もう知ってるしと思って
すごく元気みたいな振りして振る舞うんだけど
そういうときどうやって自分が喋ってるのかすぐ分かんなくなっちゃうよね。
言ったこともでたらめになっちゃうんだよね。
そうしてまた日が暮れて
明日には忘れてるけど。
おいしいもの食べたりしたら忘れる。
でも今日は、今日もちょっと
がんばって生きた。


昨日は、おたくの友達たちとご飯を食べた。
おたくといっても色々ある
昨日はアイドルおたくのみんなたちとご飯をたべたが
結局3人だけで集まった。
めちゃ久しぶりだったがそんな気が全然しなかった。
あやかちゃんがキンミヤの梅割りという飲み物を3杯飲んでいた。
3杯までしか飲んではいけないのだ……。
今は、各々別の現場に行っているけれども
会っていなかった間の話などした。
別で推していたグループも解散して、今は現場がひとつしかなくて、っていうのが偶然にも共通だった。
なくならないと思ったものでもいつかはなくなってしまうんだと思ったし、なるべくライヴへ行きたいと言っていた。
けれども、全部に行けることって無くて
みんな、お金も時間も必死でやりくりしてやっと行くのだ。
行けるときに行く、っていうのは、そういうことだ。
現場に行けば行くほどえらいという人がいるけどそれは違うよねという話
「現場にたくさん行ってるからって全然えらくはないけど、でもすごいなとは思う」って言ってて、それなと思う。
でもやっぱりえらくはない。みんな同じ。
回数を重ねることは義務でもないし、偉くもない。観たいと思うから行くのだ。勝手に行くだけだ。それだけだ。
でも、自分が行ってない間でもその人たちは行き続けていて
自分が久しぶりに行ったとき、そこに変わらずに「おまいつ」が居てくれる状況って、すっごく安心するよねという話もした。
私は、だから、すきでたくさん行きまくってて、いつでも同じようにその場所を守り続けてくれるような、そういうファンがいるグループが安心する。
いつでも同じ熱量ですきでいてくれる人がいることって、すごいことだ。

推してるグループが随分前からプレゼントが禁止になったという話もきいた。
どっか別のグループがプレゼントに何かが入っていたという事件があって、その波をうけての事務所の判断らしい。
すきなひとにすきなものをすきなときにあげられないのつらいな、と思った。
私はものをあげるセンスが皆無なのでまったくプレゼントはしない。本当に意味があると思えるときにしかしない。
でも、したいと思ったときにできないのはつらいよな。
今はだから、かわいい便箋でお手紙を書くしかないということだ。

あと今日はがんばってメールした。がんばって良かった。
眠い

以下気まぐれにマンガの感想など

ベランダは難攻不落のラ・フランス

襟沢さんの良さって圧倒的に短編にあるからこれは大正解
連載物もいいんだけどやっぱ短編だよなーと思う
そして当たり前のように少し・不思議なところがすき

ほしとんで

ほしとんで01 (ジーンLINEコミックス)

ほしとんで01 (ジーンLINEコミックス)

いいですねこれ
思いがけず俳句ゼミに入ってしまった人たちのお話。
ギャグも好みだしキャラが濃くて良い。
「先生」のルビが「かおがこわい」ってセンス。
主人公の淡泊さが良い。
怒った方が人間ぽかったかなって、という台詞
わかると思ってしまった。
ちゃんと俳句もしてるし。読み応えもあって良かった。
絵も好み。
猫まみれの航太郎君が良い。
あーあと、発表を恐れてるっていうのがリアリティあって良いと思う

ごめんしたって許さない

天然ビッチ
めっちゃかわいい

じゃあまたね

清原なつの久々に読んだな
自伝的なそれ
SFに夢中になるとことかかわいい。
マンガの作画グループの話とか面白いなー
こういうのは生きる時代が違うとわからない話だから

アゴ

無条件にすきでしかない
奇跡でしかない
ゴアちゃんから8年もたってるの?!?!うそでしょ?
相変わらずなにもわからない!でも分かるときのわかりみがすごい!
だいすき!

安いテクニックじゃ響きはしないね

rice×えんそく縁結び2MANツアー 「おむすび~米と遠足~」

10月13日@今池3STAR

オロチめちゃくちゃ良かった。
あとで聞いたけれど、前日にうまく歌えず歌詞が飛んでしまったのはオロチだったらしい。
それできっとこのセトリなのだろうということ。
で、そんなのは私は知らないんだけど、すごく良かった。

空は青もだけど、なんか、すごく、とても安心した。
すごく不安になりながら来たから。

メシアで、
全員が救われる音楽はない、と言っていた。
それぞれ違うからだって。
でも、ここにはまがい物はない、と言い切っていた。

墓地はなんか同機がおかしくなってたみたい
誰のせいでもないけど
ぶうさんは歌いきっていたので格好良かった。

去年の10月13日は赤坂ブリッツだったって。
その上を目指せるようなバンドになれているのか、わからないけどって言ってた。
riceさんみたいに上には上がいるし、下からどんどん追い上げてくるしっていうMC

それで、後半のたたみかけが良かった。
狂った世界始まる前だったか、帽子をポーンと投げ出していて
というか、どこかのタイミングで手袋外した瞬間に、今日はもう“勝ち”だなという気持ちになった。うれしかった。

「古のライヴハウスみたいにバンギャルやろうぜ」みたいなこと言ってて
なんだかすごくそれが面白かったんだけど、そのあとイクラだったから納得した。
暗闇の中、中指立てながら前に出てきたのはこの辺だったかな
ぶうさんが中指を立てるのは珍しい。
視界が開けた感じがした。
ここで良かった!という気持ちになった。すごく。
布団なら任せろなので。

それで当たり前のようにバンギャルラが始まって
ぶうさんはなんていうかもういろいろ全開だったのでついて行くのに必死だった。

MCの中で
今日でもう会えない人もいるかもしれない、という表現をしていて、
うまく思い出せないんだけどそれが良かった。

ぶうさんは出てくるときすごくきらきらした顔をしていて
最後も同じ顔をしていたので
私はとても安心した。

私は、歌詞を飛ばすのは構わないと思ってる。
ただそれを、家に帰って思い出したときにもやもやしてしまうようなら駄目で
そんなことも吹っ飛ぶような「良いライヴ」が、できるのならそれでいいと思ってる。
まあ、歌詞を飛ばすのってそもそも集中できてないってことだから良くないんだけど。
でもさあなんか、完璧なぶうさんなら私は多分観てないと思う。
怒りはするけどな。
まあだからなんというか、そういうことだよね。
結局は私も甘いのだ。



・rice
ゆーきさんはあんなに頭振りながら歌っても歌が全然ブレてなくてすごい。
あと、ハートつくるのが癖なのかなって思う。
2種類のファンがただいる空間じゃない良いイベントになれたと言っていた。
適応能力がすごいから誇って良いって。
履歴書にバンギャルって書いて良いよってMCが一番おもしろかった。
2マンはあまりやらないらしい。だから誘ってもらえてうれしかったって。
衣装交換で、ミドさんとjoeさんの衣装を最初の3曲だけ着てきたんだけど、
そのことに対してゆーきさんが、
「勉強になるね」って言っててそれがすごいなと思った。


・セッション
フォースをやっていた
振りは最終的におにぎりだけになっていた。

これからもずっと聴いていれたらいい

「それだけライヴに行っていたら顔とか覚えられてるんじゃないですか」と言われた。
前も美容師さんに同じことを言われた。
それが一般的な感覚なんだろうなと思う
「まあ…そうですね、そう、、…そこはそんな…どうでもいいです」


私は一度も「大人」が嫌だった試しがない。つまんねえ大人共、などと思ったことはない。
むしろ同世代が面白くなさすぎて大人と話す方が余程楽しかった。
大人だろうが子供だろうが面白くない者はおもしろくない。
「つまらない大人」っていう幻想みたいなものがあるんだろうな、みんなの中には。と思う。
そういうのがずっとピンと来なかった。

大人だとか子供だとか
まあなんかそれじゃなくても
境界線があることへの違和感があるというか
オタクだとかサブカルだとか
みんな、何かになりたがってる。


先週は、今度会社に入る予定の人達が2人来た。
初めて会った方の人がめちゃめちゃ普通の人だったのですごいなあと思った。
いるんだなあ実際。
そういうとき私は眉間にしわが寄って、心の奥がしゅっとしちゃうんで、、
人見知りをなおさなければ、と思う。
自分が、必要以上に底辺であることを思い出して、言葉が少なくなってしまう。


肉フェスがとても良かった。
ひさびさにエレホも行ったが、感想は特になし。
乙女のさいごもみた。
もっと前から「こう」だったら良かったんじゃないのとしか私には言えない。
ミスターの、出てきた時の目の輝きが全然ちがかった。
兵隊さんで締めたのが良いと思った。うん、この曲だよねってなった。
きんたさんが国民のみなさんにすごく、すごく丁寧にお辞儀をしていた。

久々にスワンのお知り合いの方に会った。
かんちゃんの話をしてくれてうれしかった。すごいうれしかった。
人のすくないフェイズの中で、ちょっと、少し息苦しかった。だから話せて良かったと思った。
WESTのことを思い出して、息苦しかったのだ。
えんそくさんの無料行くと言っててうれしかった。
じんさんのことたくさん考えた。
帰りはみんなでご飯を食べて楽しかった。
けれども、けれども私はどうゆう空気でいたら良いのかわからなくて
言いたいことが、うまくしゃべれなかった。

私は木曜日からずっとうまくしゃべれていただろうか。
なんかいろんなことを考えて疲れた。

しかしながら、心はコントロールできないが身体はできるらしい、ので、
そういうことが大事だ
私にできることをやるだけだ。
5月からずっと、私は私にできることをするのみだ。

私は、“人を傷つけないために”ばんぎゃるをやり続けるのだ。

今日も憂鬱になりながら
夜に建つビルを眺めて呼吸を整える。

明日も良い一日にしよう。

闇のように深い青色

えんそくぶうの学Q会

10月7日@Nakano Space Q

さいちゃんの同級生の“せいちゃん”が来た。
黒いカーテン越しにマイクで声だけで。
布の中でiPadを操作してて、それをスクリーンに映していた。
ぶうさんが何かを言うとせいちゃんが直ぐにそれを調べた。
「なんかアニメとかに出てくるハッカーキャラっぽい!」
せいちゃんはとっても良い声
「そうかなあ?」ってキリッと言ってて良かった。

せいちゃんはVTuber推してた
ぶうさんもキズナアイとか知ってた
ハローの動画を観た。
せいちゃんはオタクサブカルヤンキーの本とか読むんだなあと思った
私はインターネット老人なのでバ美肉とか看板娘あたりの話でちゆ12歳のことを思い出してしまった
バ美肉って単語が意外とみんなに知られていなくてそうか、と思った。
村田蓮爾の名前がなかなか出て来ない2人にやきもきしてしまった。

スクールカーストの外にいたから正直スクールカーストに対して何か思ったことはない。
知識としてあるだけ。
というようなことを言っていた。

「ほら俺はヴィジュアル系を愛してるじゃん?」

ぶうさんはサブカルに対する認識が「ヴィレッジヴァンガード」しかなくて偏っていた
ヴィレヴァンに行けば良いものがそこに集約してるから、事足りてしまうという話。
「俺達がどれだけクソつまんねーマンガを読んできたか!」
おたくは知識が多いからといって濃いおたくなわけではない
おたくとかサブカルとか、ただの立ち位置にすぎない。
おたくはファッション磨く時間なんてないって言ってた。

演劇の話をしていて興味深かった。

魚座から水瓶座の時代になる話
ぶうさんが、なんとか誕生日を戻せないかなって思ってるのウケた
せいちゃんに、「え?ネタバレとかあるの?!そういう感じ?」って驚かれてて良かった。
えんそくは面白いバンドだなと思った。

さいちゃんとせいちゃんのお話はとっても楽しかった。
会場全体の空気が気持ち悪くて疲れた。

sp.ch.nicovideo.jp