殺す風景 生かす風景

今日は本当はコミティアにいくつもりで何ヶ月も前からそのつもりでいたが行けなかった。
朝具合がとても悪くなった
また昔のような「具合の悪さ」を感じてよくないなと思う
なのでたくさん眠った。

あしたは赤坂ブリッツへいくのがたのしみなので
今日も昨日も予定をやめにして家でめちゃめちゃに眠った。
具合が悪く、風邪っぽさもあるので月曜にそなえて大事を取ってめちゃめちゃに眠ったのだった。
あとはマンガや本を少しずつ読んだ。

私や、多くの人が明日の公演をめちゃめちゃに楽しみにしているようだが
演者からは明日について言及がなくそれが急に不安になった。


その他の話題

ツイッターでは昨今「××が○○するマンガ」というタイトルをつけると読んでもらえるというのが流行っていて、よく目にする。
プロアマ問わずにマンガ家やらそうじゃない人やらが長々と自分のマンガの第一話や短編などを貼り付けるのだ。
1ツイートに収まらない場合は何個にも分けて貼り付けるのだ。
それに、「××が○○する話」というタイトルをつけるとより多くの人に読んでもらえるのだそうだ。
あれっていうのはようするにニュースの見出しみたいなもので、クリックしたくなるか、開いてまで読みたくなるようなタイトルがいかにつけられるか、ということかと思う。
ツイッターじゃなくてもだけど、「何々が何々」というタイトルのマンガは今たくさんあるなと思う。
まとめサイトスレタイのようなタイトルのマンガは多い。
タイトルだけみれば内容が分かるようになっている。
そしたらじゃあ読まなくてよくないかって私は思うのでその時点で購買意欲が失せる。
そういったとこで判断するのはよくない傾向だなと思うが経験則からしてそういうマンガがおもしろかったときあまりないのでやはり買わないことが多くなる。
しかし、マンガを普段読まないひとからしたらあれってマンガを買うリスクが減るってことなのかもしれない。
タイトルみたら内容わかるんだから安心してそりゃあ買えるしクリックもする。損するリスクを減らしているのだろう。
じゃあその損とか得って一体なんなんだろう。
そのひとたちの「価値感」って一体どんなものなんだろう。

最近「コスパが良い」という言葉もよく聞く。
私はあの言葉がおそろしいと思う。自分が本当に欲しいもの、ではなくて、自分が最低限提示できるものにおつりが返ってくるもの、に価値を見いだしているようだ。
まあ分かる。分かるけどもだ。
アマゾンで、とあるBLマンガの感想を見たときに、「コスパが良い」という表現をしている人がいて、
ようするに、ページ数に対してエロシーンがどれだけ多く盛り込まれているかという話なんだけど
それをみて本当になんていうか、つらい気持ちになってしまった。
マンガってコスパとかそういうので読むもんなの
お前の価値観ってそこなの。
いや、いいか、その人がそう思うんならそれでいいのか…うん。
でもなんていうか、“自分が本当に欲しいもの”がみんなもしかして無いんじゃないかと思う。
だからなんていうかよくわからないけど
せめて、損や無駄がないようにしているという感じがする。
高いものとか無駄なものは買わないというのが流行っているらしいんだけど
私にはちょっと合わないなそれと思う。

これはただの疑問だ。自分がそこに合わないなと思うだけだ。
否定ではない。私のこのただの「疑問」を、他人には「否定」と捉えられてしまうことが多くて、それが昔からすごくこわい。
知っているのにやってしまうことがよくある。

うまくまとまらなかった。

何も考えない溜め込まない

ART POP ENTERTAINMENT&寺子屋PRESENTS 【 NAG×NAG DRIVE-2019- 】鯱 ATTACK !!

02月11日@今池3STAR

・NoGoD
あれ?キリエさんかっこよくない???
なんで?キリエさんってかっこいかったっけ????
髪型のせい????(今の髪型と衣装とても良い)
そもそもキリエって名前が格好良くない?
今までまともに観たことが無かったけど見入ってしまった……8割髪型のせいだ…
なんか撫でるようにギターを弾いていて、おお…ってなった
でもやっぱりノーゴの音楽性が自分にまったく合わない。
きらいとかじゃないんだけど


・えんそく
私はフナオめちゃくちゃだいすきな曲だしぶうさんの歌や言葉もきっと良かった。
けれども、いつもライヴでみるとよく分からない気持ちになってしまう。
ぶうさんは歌詞はなんかよくどっかへ行ってる日だった。
デジデリオは久々になんかまともな感じに聴いた気がする。
元気になりたくて来たけれど、心が不安定なので楽しめなかった。
結局心が元気でないと楽しめないのだと思う
自分には向いてない日だった。
悪いライヴはしていないことは分かる。
けれど、すごく良い!と思えることもなかったんじゃないかと思う。
私がいてもいなくても同じライヴなら、行かなくて良かったんじゃないかと思う。
ツーマンやる度に、ツーマンってこんなことかなってなる
でもぶうさんはかっこよかった
だからなんだという話だ
私はそこにいらなかった、というだけの話。


lineblog.me

回路

回路/黒沢清

f:id:yumemizanzo:20190210230514p:plain

神保町シアターの特集のやつ

たしか「黒沢集大成」みたいな感じだったかなっていう、ざっくりとした記憶しかなかったけどまあ間違ってなかった。
世界のはじまりには必ず哀川翔がいるし
世界のおわりには必ず役所広司がいるのである。
それだけでもう歓喜っていう感じ。
「あの動き」は、VHSでブラウン管テレビでみたときの方が楽しかったかな。
真っ黒な、存在している「幽霊」もVHSの甘い画質でみたほうがしっくりくるかも。
しかし劇場でみれて大変良かった。
あかずの間でてくるたびに心がぴょんぴょんしてしまう。
黒沢のバス乗ってるときの表現がすき。
あとなんか当時の「インターネット」感、おもしろい。
からっぽな若者代表加藤晴彦と植木鉢をなぐりまくる空虚な小雪がひかれあうの、昔はよくわからなかったけどわかりみが深い。
小雪の役が空虚すぎて分かりみが深すぎた。深すぎるけど小雪なので、小雪だな…ってなっちゃう。
同僚の部屋の鍵やボートの鍵を探すのが得意な麻生久美子はノースリーブを着こなしていた。
でるだけで笑ってしまう役所広司は出るだけで笑ってしまうし余所で役所広司観る度に、ああ、世界は終わりだな、ってなっちゃうんだよな黒沢のせいで。
なによりも哀川翔が最高~~って思ってたんだけど
実は一番良かったのは違和感ありまくりな武田真治だった。
「君もみえるのかい?」「捕まえてごらんよ!」って軽快に幽霊の話してくる真治さいこう~~
やっぱ黒沢の幽霊感と若者に対する空虚な感覚はしっくり来まくる。
ありがとう神保町シアター

最期に見たあの景色

樹と誠と儿イと多時 無期限活動休止 最初で最後の主催イベント

02月07日@新宿CLUB SCIENCE

・アンドゥー
すごくつまらなかった


・マルコ
わかる
がんばってほしい


・仮病
わかる
がんばってほしい


ヴィルシーナ
ほほえましい
がんばってほしい


・ラッコ
マジで平くんが本当に無理
さんちゃんの太ももを観てと言われたのに太ももがでていなくて残念


・樹と誠と儿イと多時
儿さんがステージに立って歌っているなら私はそれでそれだけで良い
その瞬間だけはなにも考えなくて良いから
美容院帰りの髪型はとても格好良かった
シャツが案外インダストリアルな感じで格好良かった。とても似合っていた。
最前列が「いつものひとたち」じゃなくてすごくすごくさみしくなった。
のどが全然つかえなくて、普段がいかに生ぬるい生活をしているかを思い知らされた。