すべてを捨てて僕は生きてる

先週は夢をたくさんみたが次々と忘れてしまった。
最近は夢の記述を怠っている。
えんそくのみんなたちがよく出てくる気がする。
私の生活は、会社とえんそくの2つしか無いのだから夢がそうなのも、きっとあたりまえだ。

ひらがなに信頼を寄せている。
漢字は、もちろん書けない。
パソコンで打つときも漢字を信用していないからしばしばひらがなになる。
漢字が苦手だ。
むつかしい言葉を覚えれば良いのかもしれない。


日曜は、大阪からやってきた友人と一日中おりましたが
東京にくるたびにくせの強いエロマンガ家ばかり勧めている気がします、すみません。
私は星座の名前もロクに言えないので
人生の先輩として教えられることが、もし、もしあるとするならばマンガの話だけです。
とはいえ学ぶことの方が多い。唐揚げのおいしさとか。
小顔になる裏ワザとか…。


今日は、“ジェネリック萩の月”を食べました。
togetter.com
あまりおいしくなかった…かわが圧倒的に安い味がした。
でも同僚がわざわざ買って来てくれたのがとてもうれしかった。
ジェネリック萩の月」という語感の良さのみである。


不安が1つだけ消えたので少しだけ気持ちが楽なような気もします
とはいえ買ったマンガを眠る前に読む日々です
それはただの気分

まだ私は
いつも私は、どこにもいないようです
大丈夫です。

文字を書く
文章を打つの、ブログを書くのは、少しは楽になってきたかもしれない
こうして、ブログの文章、これからどんどん、読みにくくなっていくかと思いますが、慣れてください。
まだ読みやすいほうです。

広告を非表示にする