ぼくたちは何だかすべて忘れてしまうね

今日

今日は会社お休みにしていたので、
帰ってシタクしてからまたすぐテツヅキやらなんやら、チケットの振込みやらをしてきた。
久しぶりに証明写真を撮って、なんだかおもしろい気持ちになった。
写真についてよく思うのは、私は写真にほとんど写りたがらないので自分の写真がほとんど無いということ。
近年は、アイドルの方々とチェキを撮ったり、インストでお写真を撮らせていただいたりするようになって、自分の姿の映るものが増えたが
私が死んだとき遺影になるような写真が一つもないのですごく困る。
これはここ5年くらいの悩みなんだけども、そんなこと人に頼めないじゃないですか、
遺影無いからちょっとかっこいいの一枚撮ってくんない?とか言えないじゃないですか。

だが最近はそういう風にあまり考えなくなった。普通に写真無いから誰か撮ってくれないかな、記録としてで良いんだ。
良い写真じゃなくて良い、適当で良い。自分の顔はどうせどうがんばっても盛れないから。
今の自分を残しておきたいなと思えるようになってきたのは、
毎日ブログを書いているからかもしれない。
違うかもしれない。

脱法ニュウラライザー~大阪編~

まずサイン会でした
前回の物販で購入した合同アー写を出したら、みなさん反応が良かった、これは良いやつですね!なるほどね!みたいな反応だった。
あまり出した人がいなかったのだろうか。
ミドさんは、ゆっけさんと装飾を交換していらした。ゆっけさんは肩にチャームポイント付けていたし、ミドリーダーはゆけさんの腕の何かとかをそこかしこにつけていて。そういうとこがね~わかってらっしゃるよねえ~。
じょさんは写真を見るなり、「はっはっはっ!」と豪快に笑っていらしたので、「このお写真とってもかわいいですよ…?!」と言ったら「あ、いえ、自分の写真をあまりじっくりみることがないものですから…!」
と言っていらして、それがなんとも愉快で楽しかった。おすましでは無く素の西條が少し見れたのなんか良かった。
皆もしかして物販のアー写あまり見ないのかな?
そして私は友人のためになんとしてもクラオカさんのいちばんすきなパンを聞きたくて、それを無事に聞くことができました。
バタースコッチロール??というようなことを言っていましたので、後ほどググッたらセブンイレブンにバタースコッチというパンがあるようですので、それかな??安定のセブンだしそれだな??
で、そのミッションを無事にクリアしたことに安心してしまい、いざぶうさんを前にすると何とも言葉が出てこなくてですね…そういえばぶうさんとだけ目も合わせてないですね…、。ライヴ楽しみですだとか次のシングルが本当にすごくまじでいちばん楽しみなこととか、そういうのを言おうとして何も出てこなくて手に力ばかり入って、ひたすらあの…えっと…た…た…(楽しみと言いたい)と言いながら手をギュッとしていたら、その様子をぶうさんがギュッと真似しながら「楽しみにしてて!」と言ってくださったので、ぶうさんはすごいなと思いましたね…何も言わなくても大体汲み取ってくれる男よ…
しかしテンパりすぎて髪型など全然見れなかった。。


ライヴは、えんそくからでした。
「帰ってからブログにレポートを書けないくらいすべて忘れるくらいに楽しもう!」
改造ニンゲンからでした。
「アタシのことも変えにくるかな」のところきらきら~っとしたギターの音がすきで、いつもちゃんと聴きたいんだけど気づくと終わっていて、今日も良い曲だな~って思っている間に終わっているパターン。今日も良い曲だった。大体毎回良い曲だ。

あとは、イガトラの多幸感が最高だった、なんて幸せなのかと何度も思った。ステージにいる4人(+1)を眺めていると、なんとバランスの良いグループかと思う。なんかその感じがすごーくじんわり来て、幸せだなと強く感じた。あの瞬間はなんだろう、たまに来る。
うんもうなんかあんまり覚えてないんだけど、TDLは胸が苦しくて、
というか今回は特に、どの曲も身に染みてきて、頭が真っ白になる瞬間が多くて、最高だった。
うーん、何か大事なことを忘れている気がする。

前回は、ぶうさんが手を口元に持ってきてニヤッてするポーズをライヴ中に何度かしていてそれ私得奴ーだったのですが今日は最初の方にハルさんがやったポーズを気に入ったのか、ずっと「がんばっ♥」と言いながら手をグーにして脇をしめるポーズをしていらして、ああ…となった。ああ…うう…ありがとうございます。


マイナスさんは、ちょっとうしろに下がってみていましたが、
うしろから全体を見るのすごく良いですね。フロア全体がキラキラしていて、関西の派手さが動きに出ていて。
マイナスさんは、曲を知らないのであれですけれど、見捨てられマンとか聴く限り、比較的つらいことを歌っていらっしゃるのかな?それを華やかに見せるのがお上手だと思って、そう思うところにゲロを吐く女の話だったので、その質量ちょっと舐めてました。
だんさーいんざだーくと言ったところでオガワさんがまったくついて来れないような様子だったので、みんなハルさんちに泊まり込んで勉強しような!と思いました。
客席にぽんと飛び込み、お客にマイクを向けて「死ね!」と罵らせたり、そういうパフォーマンスみなさん絶対、すきじゃないですか。その「分かってらっしゃる感」はまさに歩くヴィレヴァンで間違いない。良い意味でもアレな意味でも。
ともあれ寺子屋所属おめでとうございます。

セッションでは、向かい合って歌ったあと、ぶうさんから手を伸ばしてハイタッチ!してて良かった。
お二人がおしゃべりすぎて、同時にペラペラしゃべり倒しているのがなかなか見ものでした。
「7周年なんです!」ってハルさんがおっしゃったときに、うしろで、ミドさんが小川さんに、おそらく「そうなの?おめでとうございます」って言っていたのが見えた。
この2人は、待っているあいだ並んでちょこんと座っていて、そこかしこにいるギャの皆さんが、おいあいつらかわいいぞってザワザワしてるのが良かった。なごんだ。

心残りは、ぶうさんのぺとんとした髪型のチェキがどうしても欲しかったのにまったく出なかったこと…。今回はクラオカ祭で、全部イケメンの表情しているので、良かったです。
来週もぶうさんの髪型がこうだとうれしいのですが、無いかなーとも思う。
来週のセトリ、全然想像できなくてまた、高まってる。


君が好きな甘い笑顔も獣のモノサシで作ったレプリカさ

土曜の事もう少し書いておきます。忘れないうちにメモとして。戒めとしても、正直に。
きんばくさん見に行きました。
ゴールデンデンデデンデンボンバーさん(手の込んだキーワード検索避け)の良いところは、楽に楽しめるところで
人気のある人をでかい場所にミーハー心でわーわー見に行くみたいな感じが、非常に健全かと思います。
こういった、ちゃんと人気があって、ちゃんと良い曲だな~みたいな音楽を、私は今まで聴いたことが無くて。
音楽はなんかいつも重い、自分の中にすべての接点やキーワードを見つけ出しては、頭をひねって、うねりながら一人ぼっちで聴いてしまうのが音楽。
きんばくさんはその文脈に無い。歌っていることが嘘かホントかとかすごくどうでも良くて、8割方が、私の中に無い何かを歌ってらっしゃる。
そういう、自分とは関係の無い曲を聴けるようになったのは、アイドルさんなどのおかげもあるかもしれないですが。
それに、パフォーマンスもちょっと頭抜けてて、うーん文系よりは理系な感じ。だからちょいと特殊。

それはさておき、ネタバレしない程度にかくとというかどうせこのブログ読んでるひと観に行かないからええやろ。
淳回のはずですが安定の影の薄さで、「淳まだ~?」っていう状態が続いたあげくちょっと打ち上げ花火して終わるみたいな、活躍してないことは無いんだけども~、時間無かったかな~?みたいな。そしてきゃんさんの工作スキルばかり上がっていく。
演劇の方も、いつも通りっちゃいつも通りなんだけども、そこに愛が無い。
良いですか、コスプレして男が男にすき!って言ってるだけでこっちが満足だと思ったら大間違えっすよ、いつもは、そこに愛はあったはずでしょう、「メガネをかけててドストライク!」で恋愛がはじまったって何の「キュン」も無いでしょうが。萌えとはそういうことでは無いでしょうに。説得力を持って来いと言いたい。
だからこそ私はきりちゃんちゃんさんが「メガネをかけている」という状況のみにすべてのモチベーションを持っていくほかなかったんですが、まあそれは素直にありがとうございますなのですが。
セトリは良かったですよ。後半動く曲多めで。
アルバムの曲は半分もやってない?かな、主要な曲は大体やっていて、振りも良かったですしね。
ダブルアンコはちぇんろんへんくーでした。(これは書いていいやつだよね???)

眠くなってきた

起きたらまた考える

広告を非表示にする