いいことは何個かあった。
お気に入りの石を増やすような生活を、少しづつ取り戻していく必要はある
どこか空虚さも忘れないようにはしたい。